twitter
facebook
google+
 
お知らせ
  • HOME
  • /
  • お知らせ
  • /
  • 灘中学校で行われた2016年度入試問題の解説動画を公開!!
 
灘中学校で行われた2016年度入試問題の解説動画を公開!!
2016/01/21

灘中学は他の中学校に類を見ない特殊な出題形態をとります。

算数の1日目は、解答結果のみを答える独立小問形式の問題が11~13問、2日目は、解答結果だけでなく解に至る過程も必要な記述式の大問が5題出題されます。国語の1日目は、外来語・漢字・ことばの知識など、言語感覚をみる問題と論説文、2日目は、論理的文章・随筆(または物語文)・詩からの出題です。
これは、将来東大・京大を目指す6年先の大学受験までを見据えた出題形態をとっていると言えます。

この動画は、最難関中学合格を目指す小5以下のお子さまを対象に、実施されたばかりの2016年度灘中入試問題を体感していただき、今後の学習のヒントになることを狙いとしています。

今回の動画では、全問解説をしていませんが、1/24(日)には小学5年生対象イベント「最難関校にチャレンジ ~2016年度灘中算数~」を能開センター上本町校で行います。ここではさらに深い解説を実施します。

お申し込みはこちらから。
http://nokai.jp/kinki/topics/kaitou_sokuho/nadaevent.php

■能開センター【近畿中学受験本部】http://nokai.jp/kinki/

※国語の問題は掲載しておりません。